読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

「フィロソフィー」と鳴く鳥

今朝、自宅近くで鳥が「フィロソフィー」と鳴いていた。

 

厳密に表現すると、今朝は「キーコーキー」と聞こえた。

実はこの声は昨日から聞こえていたのだが、その時はまともに鳴いておらず「コーキー」の部分しか聞こえなかった。

なので、うぐいすが練習中なんだろうくらいにしか思っていなかった。

ところが今朝ははっきりと「キーコーキー」と鳴いていて、うぐいすではない事に気づいたのだ。

 

私が初めてこの鳥の鳴き声を聞いたとき、明らかに

「フィロソフィー」

と鳴いていた。

 

実は、3月の初めに引っ越しをした。

以前の住まいの周辺ではこの鳴き声は聞いたことがなかった。

以前の住まいから徒歩15分ほどの所に移っただけなのだが、ちょっと山側で周りに田畑があるので、やって来る鳥も微妙に違うのかもしれない。

 

この鳥の鳴き声を初めて聞いたのは7、8年前の職場周辺だった。

その時「フィロソフィー」と鳴いていたのだ。

鳴き声だけが響いていて、姿は全く見えない。

 

この声を初めて聞いて、変わった鳴き声だなぁと思い早速「フィロソフィーと鳴く鳥」「フィロソフィー 野鳥」などと打ち込んでググッてみたのだが、全くヒットしなかった。

 

その時期は毎日鳴き声が聞こえていて、ものすごーく気になっていた。

その鳥自体の色や大きさなどが全くわからず、鳴き声しか手がかりがなかったので、しつこく鳴き声が聴ける野鳥サイトで地道に探したら、居た。

 

イカルである。

f:id:nh-goru3046:20170402155253p:plain

【野鳥図鑑(やちょうずかん)】トップ<デジタル図鑑より

 

イカルを調べていくと、聞きなしのイカルの欄には「ヒチリコキー」だの「月日星(ツキヒホシー)」だの「イカルコキー」などと書かれているが、「フィロソフィー」とは何処にも書かれていない。

「お菊二十四(オキクニジュウシー)」なんていうのもあるが、絶対に聞こえない。

 

絶対に「フィロソフィー」だってば~。

と思っていたら、ある野鳥好きの人のブログに

「私には”フィロソフィー”と聞こえる」

と書かれていて、やっと同じ人がいたーーーと思ったのだ。

 

その後、野鳥サイトを色々と巡ったが、「フィロソフィー」と書かれているサイトは遂に見つからなかった。

 

その後、職場周辺でも鳴き声は聞かれなくなり、フィロソフィーと鳴く鳥の事はすっかり頭から離れていた。

だが、今朝「キーコーキー」と聞こえた時に、「あー、フィロソフィーだ!」とはっきりわかった。

よく通るキレイな鳴き声で、なんとなく物悲しいトーンで鳴く。

なので、イカルの画像を最初に見た時には

「げっ、ごっつい嘴じゃねーかよ~」

と、想像よりドッシリしたイメージの鳥だった事にビビッた( ̄▽ ̄;)

 

さっきの鳴き声はイカルに間違いない。

が、一応確認しておこうと、鳴き声サイトを検索してみた。

すると、あちこちの野鳥ファンのブログに「聞きなしはお菊二十四やフィロソフィー」とフツーーーに書かれていてなんだか衝撃を受けた私。

 

7、8年前に必死で調べたのは一体なんだったんじゃーーー。

 

www.youtube.com