読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

終わらない二重国籍のアノ話

何日か前から、やっとテレビでも突っ込んだ取り上げ方をされる様になった、例の二重国籍問題。

 

結局、二重国籍だったんだと( ̄▽ ̄)

 

んで、今のところ、そのまま民進党の代表でGO!

みたいだなぁ。

本人は総理大臣目指すとか言ってたり。

 

なんか、面白いからそのままでいいよね、もうw

大嘘つきが党首のまま、解散総選挙に臨んで貰ったらいいと思う。

これで、民進党は思い残す事なく退場できるだろう。

国籍法に違反してる様な人物を党首に据えてしまったんだから、しょうがない。

 

絶好の攻撃対象にもかかわらず、自民党ダンマリを決め込んでいるという事は、まぁそういう事なのだろう。

 

この件に関しては、色んなブログで取り上げられていて、まだまだ終息しそうにない。

 

中でも、一番共感した記事がコレ。

 

 

そもそも、国会議員アイデンティティが日本にない事が問題なのに、「自分のアイデンティティは台湾」とか言っておきながら、実は「アイデンティティは北京方面」というのは、更にどうなんだよと思ってしまう。

 

この記事の画像が、ネットからどんどん削除されているらしい。

f:id:nh-goru3046:20160920043107j:image

いったい誰が消してるんだろー(棒)

消したら拡散する法則も知らんのだろーか?

 

一般人の話ではなく、国会議員である。

 

「日本も二重国籍を認めるべき」とか言ってる外国人タレントも湧いたりしていたが、オメーらはどうでも良い。

 

国会議員だから問題になっているのであってだね。

しかも、誤魔化したり、親のせいにしたり、結局嘘がバレたり。

こんな信用ならない国会議員って、どうなのよ。

もう、言ってる事全部ウソだろーとしか思えないわ。

 

そんな人物を党首に戴く政党だ。

元々いらないと思っていたが、益々消滅して欲しい気持ちが強くなった。

 

坂東忠信氏のブログは本当に為になる。

日本人として考えた場合、一番納得出来た記事だった。

 

それにしても、今日テレビを見ていて思ったのだが、辛坊治郎氏、民進党議員にバンバン突っ込んで攻めまくっていた。

よっぽどキライなんだろうなぁ。

いや、気持ちはとてもとても良くわかる。