読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

引っ越し狂想曲

もうすぐ、我が勤務先事務所が移転する事になっている。

 

それに関して、ロボット上司が建築会社や電気工事業者、はたまた地主との折衝を一人で一手に引き受けている。

この上司、こちらに異動してきてまだ半年しか経っていない。

おまけに直属の部下ときたら、例の高機能である。

 

気を利かせて、ロボットが行き届かない所をフォローするなどという奇跡はまず起きない。

取りあえずロボットとしては、自分が思いつく什器をレイアウトするだけで手いっぱいで、細かい部分にまでは気が回らない。

そもそも、細かい所に気くばりが出来る性質ではない。

 

ないのだが、どうでもいいことには細かくこだわる、たいへん面倒な性格の持ち主でもある。

 

おそらく、典型的な「前者だと思い込んでいる後者」なのである。

だから、移転に際しての不備はしょうがないと思う。

 

移転して稼動してから、足りない部分を足していくしかないと私は思っている。

ところがである。

 

ここに来てまた面倒事が起こりだした。

おばちゃんである。

もう毎日毎日げんなりする。

 

私としては、はやく移転が無事完了してくれないかと、毎日指折り数えているくらいなのだ。

他の人たちが、キャビネットの配置だの、会議室の椅子テーブルをどうするだの、応接セットはどうするだのと、なるべく節約しようと相談している横っちょの方で、おばちゃん一人が『食器棚』の事でメラメラと燃え上がっているのだ。

おばちゃんの頭の中には、「新事務所の給湯室」の事しかない。

 

新しい食器棚を設置してもらえるのか、新しい食器乾燥機を購入してもらえるのか、ガスコンロはどんな形状なのか。

会社の移転で、そこが一番気になる所だろうか?

私は全く気にならないので、おばちゃんの気持ちはまぁ理解できない。

 

そもそも取り仕切っているのが男性ということもあって、給湯室の事を気にかけるような人はまずいない。

そして、おばちゃんはまた私に言ってくる。

「ねぇ、食器棚どうするか聞いてる?」

知らねぇ~よ。
なんで私に聞くんだか。

「私は何も聞かされてないから知らないよ。直接上司に聞いてみれば?」

 

と答えるしかないので、そう答える。

「ええ~、うっそー、なんで?気にならないの?気になるよね、普通ー、ええ~?!」

またですか。
またその反応ですか。
よっぽど私は普通じゃないんだな。

もう面倒なので、

「とにかく、何も聞いてないから」

と逃げた。

それ以来、毎日私に聞いてくるようになった。

 

食器棚、食器棚とうるさい。

 

しかも、事務所のレイアウトにまで言及するようになってきた。

挙句には

「私に相談もなく、勝手に事務所のレイアウトも決めてるし、食器棚の事も全然何も言って来ない。新社屋の図面も全然見せてくれないし、どう思う?」

と言い出したのだ。


どう思う?って言われても、どうも思わねーよ。

この人、一体どーなっとるんじゃ。

何様?

なんで自分に相談されること前提で考えてるんだろうか。

ワケがわからん。

しかも、納得出来ないと言いながら、直接上司に談判することは絶対にない。

私ももう相手するのが面倒になり、とうとう根負けして、ロボット上司に

「給湯室の食器棚とか、新しくするんですか?」

と聞いてみた。

「う~ん、その辺の事は全く考えてなかったなぁ。今使ってるのをそのまま持っていけばいいんじゃない?」

と、本当に適当に考えていた。

そのまま使い続けるにはボロボロすぎるんだよな、とは私も思っているので、

「安いものでいいから、新しくした方が良いと思いますよ。まぁ、おばちゃんの意見も聞いてみては?」

と一応は伝えておいた。


その翌日。
おばちゃんがまたグチりに来た。


「昨日、ロボット上司がやっと食器棚の事を私に聞きにきたんだけどさ~」

「あ、そう。良かったじゃん。新しいの買ってくれるって?」

「買うのは買うらしいんだけど、なんかねぇー」


また雲行きがあやしい。

なんで?新しいの買うことになったのに、何が不満なのだ?

と思いつつ、続きを聞いていると、


「自分でニトリに行って、適当なの注文して来るって言ってるんだよ、どう思う?」

どう思うも何も、それで良いんじゃないのか?

意味がわからん。


「え?どうって、それで良いじゃん。買ってくれる事になったし」

と答えた。

おばちゃんはびっくりしたような顔で

「ええっ?おかしくない?だって食器棚買うんだよ?食器棚買うのに、自分一人で行くって言ってるんだよ?食器棚買うんだったら私と一緒に行かないとダメじゃない。なのに勝手に進めようとしてるんだよ。何考えてんだろう、ほんといい加減にしてほしい」

「・・・・・」


そのまんま返す。
ほんと、いい加減にしてほしい。

「一緒に連れて行ってって頼んでみたらいいんじゃない?」

とだけ言って、逃げた。