読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

スパティフィラムが黄色くなった

最近、どうも植物たちの調子がおかしい。

事務所にずっと置いてあるスパティフィラムの葉が徐々に黄色くなってきた。

貰った時、大きなパキラの鉢に寄せ植えにされていたものを小さい鉢に植え替えたものだ。

 

先月までは元気に青々としていたのだが、2週間ほど前からなんとなく黄色くなりはじめた。

 

何が原因かよくわからないが、水のやりすぎで根腐れしているかもしれないので、鉢から出して植え替えてみようと思っていた。

だが、なかなか新しい土を買いにいく時間がなく、そのままになっている。

そうこうしているうちに、どんどん黄色い葉が増えている。

 

水をやるべきか控えるべきか、全く判断がつかない。

 

植え替えてからどんどん成長して葉が増えているので、鉢が小さすぎるような気は前からしていた。

だが、冬場に植え替えない方が良いと思いそのままにしていたのだ。

暖かくなりはじめてから急に黄色くなってきたので早く植え替えたい。
あ~、うずうずする。

 

園芸サイトでスパティフィラムの育て方について調べても、もともと育てやすい植物らしく、詳しい対処のしかたは書かれていなかった。

 

困ったときの質問箱では、

根腐れか根づまりだと思うので、鉢から出して状態を見てみましょう。株分けする時はあまり小分けにしない方が良いです」

としか書かれていなくて、結局鉢から出して状態を見てからどうしたら良いんだよ、というところで止まっている。

 

そして、とうとううずうずがピークに達したので、昼休みにさっさと食事を済ませてからホームセンターへ土とマグァンプを買いに走った。

『マグァンプ』とは、土に混ぜ込む肥料である。

 

本当は新しい土に植え替えるのが一番良いらしいのだが、その度に土を替えていたらもったいないし処分にも困る。

なので、再利用する事にして足りない分だけ新しい土を使う事にした。

土を再利用する際に、なくなっている栄養分をマグァンプという肥料で補うという形だ。

 

元々鉢が小さすぎてしっかり植え付けられなかったアンスリウムの鉢をスパティフィラムに回す事にしていたので、アンスリウムも同時に植え替える事になる。

 

そして、ホームセンターから戻って早速植え替えをした。

 

結果は、完全なる"根づまり"だった。

置いてあった場所が余程良かったのか、思った以上に育っていて鉢の中は根が回り回ってパンパンになっていた。

 

土も底石も根っこでぐるぐる巻きにされて、ほぐしてもなかなかほぐれない。

なので、ある程度だけほぐして2周り大きい鉢に植え替えた。

 

植え替える前は根ぐされだと思っていたので、腐った根を取り除いたら鉢が大き過ぎるかもしれないと心配していたのだが、なんのなんの。

 

葉っぱよりも根の方が白く張っていて、2周り大きい鉢もすぐにパンパンかもなぁ、と次の心配をしてしまった。

このペースだと、半年ごとに植え替えなければならない。

それはそれでどうなんだろう。

 

アンスリウムも1周り大きい深めの鉢に植え替えたので、バランスも良く安定した。

 

これでちゃんと花が咲いてくれたら良いなぁ。

 

スパティフィラム属 - Wikipedia

f:id:nh-goru3046:20170412200844j:image