読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

胡蝶蘭クライシス

胡蝶蘭 職場

やっぱり…

 

2週間も、しかもジメジメの梅雨時に、エアコンの温度設定28度の部屋の窓辺に、ずっとラッピングしたまま(ご丁寧に、中はセロハンで包んであった)放置したら、そりゃあ、お腐れ様にもなりますって(ー ー;)

 

誰だよ、「1ヶ月、ラッピングを解くことまかりならず」とかいうお触れを出したクソボケはよ〜(−_−#)

 

移転開業祝いで届いた胡蝶蘭たちは、見事に傷んでおりましたとさ。

 

今日、出勤して植物たちの水やりをしようと、胡蝶蘭に近づくと、まだ終わりじゃなさそうな、きれいなままの花がポロポロと落ちていた。

 

よく見ると、なにやら黒くて小さな物体がフヨフヨと飛んでいる。

 

って!コバエが集っているじゃないかー!

 

バイよヤバイよ〜((((;゚Д゚)))))))

 

ってことで、急遽、忌まわしきラッピングをバリバリーっと外し、鉢の中の、植わっている根元を見てみた。

 

やっぱり〜〜(T_T)

 

上から何重にも重なって、押さえつけられて見えない葉が、黄色くブヨブヨになって腐っちまってるよ〜。。

 

そう言えば、なんとなく異臭が…

 

もうクソボケロボットに承諾を貰っている場合ではない。

 

独断で9鉢全部のラッピングを外し、全部を戸外にある水道に運んで、ダメになった葉を全部取って、洗い流すように水やりをした。

 

一番酷いものは、5〜6枚、あとは大体1〜2枚、葉が腐ってブヨブヨだったり、ズルズルになっていた。

 

その後、しばらく日陰の風通しの良い場所に置いて、水を切ってから室内に戻した。

 

9鉢とも見事に陶器の立派な鉢だったおかげで、重いのなんのって…

 

しかも、この陶器の鉢というのがクセものなのだ。

水はけは悪いし、通気性もない。

見た目は良いのだが、実用性は無い。

今すぐにでも、素焼きの鉢に植え替えたいくらいだった。

 

こんなやり方で合っているのかどうかはわからないが、取り敢えず応急処置で、今は様子を見ている。

 

そして、クソボケロボットには無断でラッピングを外した事を、案の定、注意された。

 

本気で腹が立ったので、

 

「では、これからはアナタが枯らさない様にお世話をして下さい。ハエが集ろうが、臭くなろうが、私はもう知りません。枯れたら、私は関係ありませんので」

 

と、暗に、オメーのせいで胡蝶蘭が死にかかってんだよ、というニュアンスを込めつつ淡々と言い返した。

 

少し経ってから、クソボケロボットがやって来て

 

「これからも、お世話よろしく」

 

と頭を下げてきた。

 

本当に、こういう人と仕事をしたくないと、つくづく思った瞬間だった。

 

そんな一連の出来事があった事を知ってか知らずか、おばちゃんが無邪気に

 

「ねぇねぇ、私あのキレイな白い鉢のピンクの蘭が良いなぁ。

あれ、1ヶ月過ぎたら貰って良いんだよね〜。じゃ、私、アレね」

 

と話しかけてきた。

 

おばちゃんは、本当に空気を読まない。

 

この時、きっと私は鬼の形相で、メラメラと赤いオーラを出していたはずなのだ。

 

「ああ、アレね。あの蘭が一番傷んでて、5、6枚腐った葉っぱがあったんだよね。ちゃんと世話できるんなら持って帰れば?」

 

と、トゲトゲを含めつつ答えるのがやっとだった。

 

一体誰が「1ヶ月過ぎたらあげる」と言ったのだろうか。

 

おばちゃんの、ご都合妄想癖には恐れ入る。