読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

うぐいすの谷渡りとか云う鳴き声

「うぐいす」と言えば、一般的には春のイメージなのだが、数日前からやたら鳴き声を聞くようになった。

 

ねむの木の満開が見れずにガッカリしていたので、ちょっとした嬉しい出来事だった。

 

しかもこのうぐいす、一般的な鳴き方とはちょっと違う。

「ホー ホケキョロッ」と鳴くw

最後が「キョロッ」になっていて、なんとも可笑しくてかわいい。

 

そして今朝、梅雨の晴れ間に、ベランダで洗濯物を干していたら、早速聞こえてきた。

 

ホー、ホケキョロッ

ホー、ホケキョロッ

 

蒸し暑い時期に聞くうぐいすの声というのは、なかなかに清涼感があって良いものだなぁ、と思っていると

 

ホー、ホケキョロッ

ケキョケキョケキョケキョケキョケキョ

 

とやりだした。

 

「うぐいすの谷渡り」というやつかー。

実際に聞いたのは初めてだったので、なんだか感動♪( ´▽`)

 

我が家は、毎年うぐいすの声が聞こえる環境ではあるが、「ホーホケキョ」を数回聞く程度で、谷渡りまで聞く事はなかったのだ。

せいぜい、江戸家猫八師匠のを聞いた事があるくらい( ̄ー ̄)

 

最近では若い人たちが「うぐいすの谷渡り」を知らないとか。

日本を代表する、三大鳴鳥の鳴き声くらいは押さえておこうよ(⌒-⌒; )