読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

プロパンガスの怪

以前からチラッと記事中にも書いている通り、引越しをした。

引越した結果、生活上前とはガラッと変わった点がいくつかある。

 

そのうちの一つが、ガスである。

 

以前は都市ガスのエリアに住んでいたのだが、10数分で歩いて行けるほどの距離の今の住まい周辺は都市ガスが通っておらず、プロパンガスである。

 

プロパンガスの住居に住むのは初めてなので、月どれくらいのガス代になるのかよくわからなかった。

わからずに、ガスはガスだろうと勝手に思い込み、都市ガスと変わらないくらいの想定をしていた。

 

ところが、そんなに使ったつもりはなかったのに、想像よりもだいぶ高めの金額が検針票に表示されていた。

 

ええーーー?
何かの間違いじゃないのか?と思いながらネットで色々と調べてみたら、出るわ出るわ。

 

プロパンガスは公共料金ではないのでそれぞれの業者によって料金が違う事や、集合住宅は家主がプロパンガスの業者と契約しているので、住人が好きな業者を選べない事や、それをいいことに集合住宅のガス料金がぼったくりに近いくらいの高値に設定されている事がわかった。

 

そして、ネット上ではガス料金の診断をしてくれるサイトがわんさか出てきた。

 

どのサイトを見ても、我が家の設定料金は全国的に見て高値である事がわかった。

せっかく家賃の安い部屋に住んでも、これではあまり意味がないかもなぁと思ってしまった。

 

しかも、ガス業者とアパートの家主の繋がりが結構強くて、家主にガス会社の変更をお願いしてもなかなか話が通らないとか。

そもそも良心的な料金設定をしない「プロパン業者の闇」に問題があるように思うが、こういうのはどこに訴えたら良いのだろうか。

 

ほんと、料金設定おかしすぎるだろー。

1㎥あたり600円台って、全国最高値らしいよ。

 

このブログ読んでくれるかな、帝燃産業さん

 

料金が高いからサービスが良いのかと言ったら全然そんな事はなく、初日の開栓の立会に2、3分遅れただけでめっちゃ怒られたんだよな、そういえば。

 

10時~11時の間に来る事になってて、不動産屋との鍵の受け渡しがスムーズに行かずに朝いちで鍵を貰いに行っていたため、引越し先の部屋に到着するのが10時3分くらいになってしまった。

 

そしたらガスの業者のおっさんが既に到着していて、

「10時っていうことなんでね!ウチの方から電話入れさせてもらってるんですけどね!」

とえらくご立腹だった。


「すみません、不動産屋に行ってまして・・・」

とこちらが恐縮するようなカンジだった。

 

後で携帯を見たら何回か着信があり、留守番電話にはちょっとキレぎみな女性の声で

「今日の10時から開栓の立会になってるんですけど!すぐに折り返し連絡ください!!」

みたいな・・・。

 

なんでアンタらには10時から11時っていう1時間の幅があるのに、こっちは3分遅れただけで怒られにゃならんのよ。

 

どっちが客なのかわからないよなぁ〜。

 

そういえば、不動産屋に言われて開栓の予約で初めてこの会社に電話したときも、やたら横柄な女性が出て、

「ちゃんとその時間に部屋に居るようにしてくださいね!居ない場合はそのまま帰りますから。あと、料金の引き落としはどうされます?!クレジットカードか口座引き落としか、今すぐに決めてください!どちらですか?」
とぽんぽん畳み掛けるように言ってくる。

 

考える猶予もなく
「じゃあ、口座引き落としで・・・」

と言うと、

「どちらの銀行で?」

と被さるように聞かれて、ちょっと迷っていると

「どちらです?銀行名言ってくれればいいんですよ!どちらの銀行ですか?!」

と、なんで私こんなに急かされて怒られてるんだろー?という気持ちになってしまった。

 

独り身の弱者からガス代ぼったくってメシ食ってるクセに、まあ躾けの悪い社員でビックリしたわ。

 

きっと、職場の空気が澱んでるブラックな企業なのかもしれんなぁ、帝燃産業って。

 

どこのプロパン業者かで住まいを探すのは結構重要かもしれないと勉強になったわ。