読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

昨日はバレンタインデー

ああ、やれやれ。
昨日はバレンタインデーだった。

本当に七面倒くさい。

元々、進んでギリだのトモだのとチョコを張り切って渡す方ではないので、その時の職場の空気に合わせていた。

だが、今の職場は本当におばちゃんがメンドーなのだ。

おばちゃんは、期待通りの、張り切って渡すタイプの人である。

が、いちいち一人ずつに包みを渡すという本格派ではなく、アソートの大袋をいくつか買ってきて、菓子鉢にドサッと入れたものを「ご自由にどうぞ」といった具合にドンと置いている。

以前はそれを、わざわざ別フロアの、私が所属する部署の部屋にも持って来ていたのだ。

私が現職場に入った頃に、悪いと思ったので「私も半分払う」と言ったのだが、「自分が勝手にやってるだけだし、一人でやりたいからいい」と断られた。

ええ~~?と思ったのだが、しょうがないので、私は私で自分の部署の人だけにアソートの大袋を買って、適当に分けて配っていたのだ。

ところが、昨年のバレンタインから、事態は変わった。

今のロボット上司が甘い物を食べない人だった。

しかも、チョコが一番嫌いと来ている。

嫌いな物を聞いてしまった以上は、アソートを配る事が出来なくなってしまった。

だが、その後の話の中で、あんこはダメだが、みたらしだんごやわらび餅などのあっさりした和菓子は好きという事がわかった。

という事で、中にみたらしのタレが入っただんごを買ってきて渡したのだ。

ところが、である。

私がみたらしだんごを渡した事が、おばちゃんの逆鱗に触れてしまったらしかった。

「なんで言ってくれなかったのよ?!私も半分お金出したかったのに、一人で勝手にやって!」

と、私の所へやって来て、さも私が抜け駆けしたかのように罵って、怒り狂っていたのだ。

はぁ~?
自分はちゃんとチョコ配ってんじゃん。
しかも、抜け駆けしてたのは自分の方だろーに。

ワケがわからん。

「おばちゃんはちゃんと皆にチョコ配ってるからいいじゃない。私は何もしてないから、自分の部署の人にだけチョコの代わりに渡しただけなんだから。それに、ロボットさんチョコ嫌いだって言ってたし」

と説明したのだが、

「それとこれとは別でしょ?!チョコとみたらしじゃワケが違うじゃない!!」

と、チョコだのみたらしだの、傍から見たら笑えるような内容で怒っていたのだ。

この話を友人やその他知り合い等に話してみたのだが、皆一様に

「はぁ?なんだそれ?元々その人の方が抜け駆けしてチョコ配ってるじゃん。自分以外の人が目立つのが気にくわなかったんじゃない?」

と、同じような感想だった。

まぁ、そんな事があって、何かを買って渡すのも一苦労というかなんというか。

 

などと考えているうちにバレンタインになってしまった。

おばちゃんは、昨日サッサと皆にチョコを配っていた。

いつもとは違い、アソート+一人一人に配っていてちょっと驚いた。

昨年、私がみたらしを渡したのをそんなに気にしてるんだろーか?

去年、私は自分の部署の2人に渡しただけだったが、今回おばちゃんは全員に配っていたので約30人分用意した事になる。

全くワケがわからないよ(・・;)

 

それを横目で見ながら、私は今年、結局何も用意しなかった。