読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

残念ブログは何処へ向かって行くのか その1

半月ほど前に、ものすご〜く久しぶりに、例の残念ブログを訪問してみた。

10日~2週間に1度くらいの割りで、たま~に常連の読者がコメントを書き込んでいる程度で、ずーーーっと閑古鳥状態のようだった。

しかも、その書き込んでいる常連は、AさんでもBさんでもなく、最近になってたま~に表われるようになった読者だった。

Aさんは、個人的にメールでやり取りをしているらしい事が以前記事に書かれていたので、わざわざコメントする必要がないことはわかる。
しかし、頻繁ではないが、ちょくちょくコメントをしていたBさんまでもが現れなくなっているのは、読んでいるこちらとしてはちょっと残念なような・・・

直近で、Bさんが書き込んでいたコメントを見てみた。
いつものように、その日のエントリー記事に対する感想と、音楽が紹介されていた。

それに対するブログ主の返信が
「読んでいただき、ありがとうございます。
私はそのジャンルの曲は聴かないので、全くわかりません。
コメントありがとうございました」

うは〜、そっけなぁーー・・・
なんじゃ、それ??

他の人が紹介している曲や書籍にはすぐさま反応して、
「他にも色々探して聴いてみます」
「早速、購入して読んでみます」
という返事をしているのだが、Bさんに対しては上記のような態度なのだ。

なんでBさんに対しては、こんなにそっけないんだろうか?

そして、なんで私はこんなにBさんが気になるのだろうか?

まぁ、私が気になるのには理由があって、以前の記事にも書いた事があるが、Bさんの事は他所のブログのコメント欄でもちょくちょく見かけていて、そのコメントを読むのが好きだから、なんだけど。

だから、個人的に、この残念ブログのコメント欄でもBさんが登場するのを楽しみにしていたのだ。

私の勝手な推測だが、おそらくBさんはこのブログ主が別に立ち上げているサイトには登録していないのだと思われる。

 

その別サイトは、完全登録制で、個人情報を登録してIDやパスワードを取得してやっと閲覧できるサイトらしいのだが、以前、Bさんは境遇的に自分にはあまり関係ない内容だとコメントしていた事があるのだ。

そういう私もあまり関連がなさそうなので、無論、登録していない。

登録する時にメアドなどがわかるため、どうやらブログ主はコメントをくれた人で、既に新サイトに登録済の人とは直接メールでやり取りしているらしく、記事中にも「ブログ記事の感想をメールでもらった」などと書いているのだ。

以前からコメントを書き込んでいた人は、ほとんどが登録済なのかもしれない。

だからコメント欄が閑古鳥なのか、と合点がいった。

他には、コメントをくれた人がブログをやっていたら、「コメントありがとうございます。貴殿のブログの方に返信コメント入れておきますね」みたいな事をやって、自身のブログでは簡単なあいさつだけを返信していたり。

他のブログでも、成りすましでコメントする人や、変な工作でコメントする人が増えているので、身元が確かな人としか交流しない事にしたのかもしれないが、じゃあなんでブログでコメント受け付けてるの?としか思えない。

情報発信のためにブログはそのまま続けるにしても、そんな態度だったらコメント拒否にすればいいのにな、と思ってしまったわ。

ちょくちょく書き込みに来るわりに、一向に新サイトに登録しようとしない。
なんかアヤしい。
そんな感じで、Bさんは怪しい訪問者扱いされてしまったのかもしれない。

Bさんの訪問が途絶えてからまぁまぁ日数が経過しているようだし、もうBさんは現われないんだろうな。

とにかく、久しぶりに訪ねた残念ブログは、残念さに磨きがかかっていた。