読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

困った人 2号

職場

ずっと以前のエントリーに、「困った人」というタイトルで書いた事があるが、今回はまた別の人の話。

 

一体、何人そういう人が居るのかと思われそうだが、はっきり言うとほぼ全員、似たり寄ったりなのだ。

 

その中でも、特にヒドいパターンを紹介しているのである。

 

今回の困った人は、とにかく人に迷惑が掛かる失敗をよくする。

 

なんでもかんでも適当に進める為、結局後から変更する事になり、他の人にも波及していくパターンだ。

 

後から何度も変更、修正でウンザリする上、社内にとどまらず、取引先にまで迷惑が掛かる。

それが何度も続いて、イライラしたので、私はキレた。

 

何度も何度も次から次へと言われても、取引先にも何度も修正してもらわないといけなくなる。

なので、修正があるならあるで、他にもないか確認して、合わせて報告してくれと怒ったのだ。

 

ところが、本人は至ってマイペースで、

「ああ、大丈夫大丈夫、もう他にはないから」

と言う。

 

ホントかよ。

と思いつつ、取引先に修正箇所を報告して、「何回もすみません」と頭を下げる。

あー、ウンザリする。

 

と、その翌日あたりに、やっぱりまた修正があると言う。

 

もう、完全に線がブチ切れた。

 

「だから他に修正がないか確認しろって言ったじゃないですか!!!一体何回相手先に謝ってると思ってるんですか!これで最後ですか?!本当に?!もう次言ってきても知りませからね!!」

 

と言った具合だ。

 

恐ろしいのはここから。

その後、結局また修正があったのだ。

あれだけ怒って注意したにもかかわらず、確認していなかったらしい。

しかも、その修正を私に報告して来なかったのだ。

 

また怒られるのがイヤで黙っていたらしい。

いやいや、あり得んだろー。

仕事なんだよ?

 

たまたま偶然、修正箇所を私が見つけたから良かったものの、そのまま通してたらどんだけ取引先にまで迷惑が及んだ事か。

 

もう私は呆れ過ぎて、何も言葉が出なかった。

 

少し時間を空けて、気持ちを落ち着かせてから、困った2号に尋ねた。

 

「これ、修正あったんですよね。取引先に伝えますけど、この通りで良いんですか?他にもありますか?」

 

すると、困った2号は驚くべき発言をした。

「別にどっちでも良いよ。相手先に伝えるんなら伝えてくれたらいいし。伝えたくなかったら言わなくていいし。もう他にはないはずだから」

 

伝えても伝えなくても、どっちでも良いってなんだ?

相手があるのに、そんな仕事って有るのか?

明らかに、私に怒られた事でふてくされモードに入っているのだ。

 

ますます呆れて物が言えなかった。

ここって会社だよね?

小学校とかじゃないよね?

頭がクラクラしていた。

ちなみに、この困った2号は、私が所属する部署ではない部署の、課長職の50代男性である。

 

人手が足りないからと、私にその部署の仕事が回されてきたのだ。

 

思うに、人手が足りないのではなく、段取りが悪くて仕事が回っていないのだと思うのだ。

だが、この部署は似た様な人ばかりで、一向に改善は見られない。

課長からしてこの感じである。

ずっとそのままなんだろう。

 

もう、普通の順調な流れの仕事を望んでも、到底無理な環境なんだなぁと思いつつ、取引先に再度連絡して頭を下げた。

 

そんな時にしゃしゃり出てくるのが、おばちゃんである。

 

「goru-goruさんは言い方がキツ過ぎるんだよ。親切じゃないし。あの人はいつもあんな感じで治らないんだから、その都度合わせてあげるしかないんだよねー。

私はそこら辺ちゃんとわかってるから、面倒でもやってあげてるよ」

 

なんだそうだ。

あーそうですか。

悪かったな、キツくて。

悪かったな、親切じゃなくて。

これでも散々我慢してつき合った挙句だ。

仕事は仕事と割り切れよ。

 

と思っていたら、ある日おばちゃんが激ギレしていた。

相手は困った2号。

「なんでちゃんと前もって言ってくれないのよ!また最初からやり直さないといけないじゃない!!もう取引先にも提出したのに、回収にも行かないといけないでしょ!アンタ代わりにやってくれんの?!」

 

理解があるから親切にやってあげてるのかと思いきや、激おこだった。