読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

サイコパスの一種だと思う事にした

職場

過去のエントリーで、何度かおばちゃんの態度に問題がある事を書いた。

このおばちゃんとは、今の会社で知り合ってから6、7年になるのだが、本当に未だに私にはよくわからない人なのだ。

今までに会った事がないタイプなのである。

何か事があると、必ず私に意見を求めてくる。

ところが、必ず私の意見に反論する。

「いやいや、その反論、無理スジでしょー」と思うような反論を平気でしてくる。

まるで民進党共産党のようだ。

反論するために、必死に言葉を探して何かを言ってくるのだ。

そもそも私の事がキライなんだろう、というのはよくわかる。

しかし、キライな私に対して、平気で尻尾を丸めて逃げる姿を晒しまくる。

その度に、「よくやるよ」と思う。

ちなみに、私はおばちゃんが苦手である。

なので、あたりさわりなく接している。

おばちゃんが私に聞く前に意見を言ったら、「んなわけねーだろ」と思いつつも、「ああ、そうかもね~」などと曖昧に賛同するような返事をするようにしている。

反対意見を言うと、話が長引いて面倒臭くなるからだ。

このおばちゃんがよく使う手で、一番怖気立つのが「一旦持ち帰って、ひっくり返す」という技である。

民主党政権時代、時の総理、菅直人がよくやっていた、家に帰ってヨメの意見を聞いてから、翌日真逆の発言をするというアレである。

おそらく、おばちゃんも家に帰ってから旦那氏にグチを言って、旦那氏から「キミの方が間違ってるよ」と指摘されるのだろう。

翌日になって話を蒸し返し、私が「えー、またその話~?」とウンザリした時になぜか

「ほんと、goru-goruさんの言ったとおり、それって絶対おかしいよねー」

などと、前から私の意見に賛成していたかのように、平気でほざくのだ。

サイテー。

「昨日、あの後考えてみたら、やっぱりgoru-goruさんの言ってる事が正しかった。私が間違っていた」

と、自分の間違いを認めるならまだしも、

「最初から、goru-goruさんが正しいと自分も思ってた」

という話にすっかりすり替わっているのだ。

ゾッとする。


このおばちゃん、本当に日本人なんだろうか?

そこから疑うようになってしまったわ。