読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

哀れ、シルクジャスミン

f:id:nh-goru3046:20161003183237j:image

シルクジャスミンの花

 

職場のシルクジャスミンの鉢が、とうとう屋外へと追いやられてしまった。

開所祝いとして事務所にやって来てから、チラホラと白い小さな花を咲かせてはいたのだが、2つ3つたまに咲くくらいで、ほとんど花を見る事はなかった。

ところが、9月半ば頃から一気に咲き、ほぼ満開状態で、花を咲かせては散り、咲かせては散り、半日程で散ってしまうので、毎日掃除が大変になってしまった。

それもあるのだが、一番の原因は匂いである。

ジャスミン」と名前に付くだけあって、元々花の香りが売りの観葉植物なのだ。

だが、いかんせん室内である。

私としては、はちみつレモンのような匂いで嫌いではないのだが、香りには人それぞれ好みがある。

しかも、ほのかに香る程度ならまだしも、結構な濃度でそこらじゅうプンプン匂いが漂ってくる。

強力に嫌がる人の方が大多数だった為、屋外へと置き場所を替えざるを得なくなったのだ。

 

中でも特にモンクを言っていたのがおばちゃんで、匂いがキツくて頭が痛くなるんだそうだ。

 

おばちゃんは、アロマがどーの、の最近よく出回っている柔軟剤が好きで、会社のタオルだのを洗濯する時はそれを使っている。

だからてっきり濃い匂いは何でも好きなんだろうと思っていた。

だが、このシルクジャスミンの匂いは嫌いらしい。

私は、柔軟剤のキツい匂いの方がダメで、昔からある普通の柔軟剤に替えてくれと頼んだ事があるが、

「えー、だって私こっちの方が好きなんだもん」

と言って、人が嫌がるのもおかまいなしに、そのままアロマの柔軟剤を使い続けている。

 

まあ、それはさておき、

調べてみたところ、幸いにもシルクジャスミンは屋外でも大丈夫な観葉植物らしい。

外に置くならと受皿もはずしたので、これからは気にする事なくジャンジャン水をやれる。

しかも、日当たりを好むらしいので、屋外に出して良かったかもしれない、と少しホッとした気分になった。

そんな所へ水を差すのが、例のロボット上司である。

「外に置いたら土がさぁ~」

と言い出した。

一体何を言っているのかわからない。

「え?土?」

と聞き返すと、

「雨が降ったら土が周りに飛び散って、汚くなるんじゃないかなぁ」

と言う。

台風で鉢ごと倒されて周りに土がこぼれるというならまだしも、雨が跳ねて土が飛び散るという状態が全く想像できない。

どんだけデカイ雨粒なんだよ。

雨は普通、土に染み込むと思うんだが。

しかも、土が飛び散る程の雨なら、その飛び散った土はキレイに流されてるんじゃないのか?

なんだかすごくムダなやり取りをした気がした。

「そらもう大丈夫でしょ」

と適当に返事をして、さっさと席に戻った。

 

ジャスミンの香りに似ているので、一般的にシルクジャスミン、オレンジジャスミンなどと呼ばれているが、本名は「月橘(ゲッキツ)」なんだそうで。

ジャスミンではなく、実は柑橘類。

ゲッキツ - Wikipedia