読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

立ちはだかるアンフェア

何気なく見ていたテレビCMで、タイトルの言葉をふと耳にした。

 

「立ちはだかるアンフェア」

 

日本は連日のメダルラッシュである。

 

今朝もレスリング女子が、三人連続で金メダル。

猛暑でバテそうな中、私も元気を貰った。

 

前回、柔道についてエントリ記事を書いたが、その後色んな記事を読んで合点がいった。

 

ルールに則って競技を行っている以上、選手に落度はない。

責めるべきは、そのルールの番人である審判である、という事がわかった。

 

そして、その主審の国籍がどうやらあの国であると判明したときに、深く納得したのである。

 

まぁそれにしても、小狡く反則技を使って審判にバレなければラッキーという戦法を、わかっていてワザと使うのはどーなんだよとは思う。

日本人の私は特に思う。

 

兎にも角にも、オリンピックは日本人にとって、「立ちはだかるアンフェア」の世界なのだ。

 

こんな状況でも、日本人選手はメダルを目指して黙々と練習に励む。

日本人に不利なルールに書き換えられようとも、怪しい判定をされようとも、文句も言わず、それを受け止め、正々堂々と試合に臨む。

 

過去のメダリスト達は皆、立ちはだかるアンフェアに打ち勝った勇者達なのだ。

 

これが日本人の底力なのだと改めて思う。 

 

今回のオリンピックの前に、ロシアの国家ぐるみのドーピング問題が告発された。

その為、出場停止になった選手が多数いる。

 

今回はロシアの問題が明るみに出たが、この問題が持ち上がってから、ロシア以外のドーピングをしていた選手が薬物を用いるのを控えたのだろう。

 

今回の日本人選手の快進撃が物語っていると思うのだ。

今まで、一体どれだけドーピングが横行していたのだろうか。

 

そろそろ、肉体に対するドーピングだけでなく、道具に対するドーピング検査を強化する時期ではないかと思う。

 

日本人とたいして体格が変わらないあの国が、ずっと王者に君臨している卓球。

 

今日は男子卓球団体の決勝も行われた。

日本VS中国。

結果は残念ながら、銀メダルだった。

 

しかし、

 

立ちはだかるアンフェアを、よくぞ追い詰めたと拍手を送りたい。