読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

デパートのビックリ化粧品売り場

もう何年も前の話になるが、タイトル通り、某デパートの某化粧品メーカーの売り場で、驚くような対応をされたことがある。

 

私の物ではなく、母に頼まれたファンデーションと化粧下地を買う為に、その化粧品売り場に立ち寄った。

 

仕事帰りという事もあって、既にデパートの閉店時間30分前という時間だった。

 

しかし、買う物は決まっているので、滑り込みで大丈夫だろうと踏んでいた。

 

その売り場に行くと、ベテランらしき美容部員は他の客相手に接客中。

 

もう一人、若い美容部員が立っていた。

 

当然、私はその手が空いていそうな若い方に、自分が欲しい物を告げた。

 

自分が使用するわけではなく、頼まれ物である事と、それ故試し塗り等は必要ない旨を伝えてだ。

 

ところがである。

 

いきなり、その若い美容部員は

 

「ご本人に色をお試し頂かないと、お売り出来ません」

 

と頑なに言うのだ。

 

いやいや、ウチの母は数年前から同じ物を使用している、いわゆるリピーターであるので、とにかく同じ物を売ってくれればそれで良いんですよ、といった事を伝えたのだが、それでも

 

「もし色が違っていたら、使用後は返品がききません」

 

だの

 

「前回購入された物とはロットが違っているので、色が少し違うかもしれない」

 

だのと、イライラしたように言われ、結局売ってもらえなかった。

 

それだけでもビックリなのだが、じゃあしょうがないので、色に関係ない化粧下地だけでも買って帰ろうと、商品名を告げると、

 

「それは今品切れでありません!もう、いいから後日ご本人がいらして下さい!」

 

と「いい加減にしてよ!」という感じでキレたように言われた。

 

もう驚いたのなんのって…

 

そんな接客ってある〜??

 

と驚きつつ、

 

「もういいです」

 

とその場を去った。

 

帰ってから母に、そういう事情で買えなかったと伝えると、母も驚いていて、次からは違うデパートで購入すると言っていた。

 

こんな横柄な態度の接客業があるのかと驚いた一件だが、ノルマに追われていたり、クレームが多かったり、女性ばかりの職場だったりすると、関係ない人にまで八つ当たりするようになるのだろうか。

 

世の中、荒んでるなぁ〜。

 

この一件以来、私はデパートの化粧品売り場には近寄っていない。