goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

職場

質問した事と違う事を答える人

タイトルの様な人が、身近に多くいる。 仕事に差し障るので、本当に困る。 代表格は、おばちゃんと高機能。 社内異動に伴って、担当者が変更になり、その事を伝達してくれるのは良いのだが、言い方が全部、言葉足らずなのだ。 「今まで○○さんだったのは、ぜ…

アナナスが居た!

ビニール袋大作戦の記事で、詳しく解説されていた回答を転載した。 その中に、 「空中湿度を高くする為、胡蝶蘭の周りにアナナス等、湿度を保持し易い観葉植物を置く」 とある。 アナナスって何だ? 早速調べてみた。 アナナス - Wikipedia 「アナナス(Anan…

ビニール袋大作戦、成功!なのか?

前回の「ビニール袋大作戦」の記事以降、毎日夕方に胡蝶蘭への霧吹きと、ビニール袋被せを決行している。 昨日、霧吹きをしながら株の根元をジッと見てみると、なんと!ポツポツと小さいイボ状のぽっちりが3つ出ていた。 今の時期に、新たに芽は出ないだろう…

ビニール袋大作戦

自分で勝手に大騒ぎしていた職場の胡蝶蘭。 その後、なんとか無事終息した。 すっかり病気でダメになったものは処分して、他のものはしかるべき所へと渡って行き、残った2鉢を事務所内で育てる事になった。 2鉢というのは、一株ずつ植え替えた後の2鉢のこと…

困った人 2号

ずっと以前のエントリーに、「困った人」というタイトルで書いた事があるが、今回はまた別の人の話。 一体、何人そういう人が居るのかと思われそうだが、はっきり言うとほぼ全員、似たり寄ったりなのだ。 その中でも、特にヒドいパターンを紹介しているので…

サイコパスの一種だと思ったキッカケ

ある時、コピー用紙の事で揉めた事がある。 社内全体のコピー用紙を発注するのがおばちゃんの仕事だったのだが、ある日突然、おばちゃんがボイコットし出したのだ。 「自分の部署以外のコピー用紙を、なぜ自分が発注しなければならないのか?納得出来ないか…

サイコパスの一種だと思う事にした

過去のエントリーで、何度かおばちゃんの態度に問題がある事を書いた。 このおばちゃんとは、今の会社で知り合ってから6、7年になるのだが、本当に未だに私にはよくわからない人なのだ。 今までに会った事がないタイプなのである。 何か事があると、必ず私…

こちらの方がおかしくなった様な気がする不思議

先日、勤め先のOB会の会合があって、その時に新事務所を見たいという事で、参加者全員、事務所見学という形で来社することになっていた。 朝、私が玄関の掃除をしていた時、ロボットが個人的にといった風に、耳打ちするような感じで 「皆、こちらに到着す…

ユッカ、お前もか・・・

なんとなくそんな気はしていた。 してはいたが、やはりユッカにもハダニが湧いていた。 ユッカも、届いて少し経った頃から、なんとなく葉の色が悪く、今ではちらほらと枯れてきている部分がある。 ところが、ユッカの場合は枯れていてもあまり気にならなかっ…

パキラが病気になりました

事務所の観葉植物の中で、一番多く届いたパキラ。 その中の一つが、どうも調子が悪い。葉が枯れて、次々と散っているのだ。 新しく伸びていた若い葉もふにゃふにゃになっていて、いかにも水を吸っていないかのようにヘタっていた。 途中で置き場所を変えた鉢…

大係長

20年ほど前、派遣社員として働いていた。 その派遣先の上司が、アルバイトとして課題の勉強をしないか?と持ちかけてきた。 その上司があまりにも忙しく、社内教育の課題をこなせないので、私にかわりにやってくれと持ちかけてきたのだ。 その当時、私の他…

哀れ、シルクジャスミン

シルクジャスミンの花 職場のシルクジャスミンの鉢が、とうとう屋外へと追いやられてしまった。 開所祝いとして事務所にやって来てから、チラホラと白い小さな花を咲かせてはいたのだが、2つ3つたまに咲くくらいで、ほとんど花を見る事はなかった。 ところ…

もう一つの胡蝶蘭クライシス さらに続き

結局、その男性社員は、その日に「待ってました」とばかりに、植え替えたばかりの胡蝶蘭を嬉々として持って帰った。 本当に懲りないんだなぁ。 この執着はいったい何処から来るんだろうか? 後で聞いた話では、この男性社員は以前ミントをベランダで育ててい…

もう一つの胡蝶蘭クライシス 続き

先日の記事にはまだまだ続きがある。 その後、胡蝶蘭を次々と持って帰って枯らしている例の男性が、 「ねぇねぇ、他の胡蝶蘭まだ植え替えないの?」 と話しかけてきた。 とある園芸サイトで 「胡蝶蘭を枯らしてしまう原因の多くは、水やりと植え替え」 とあ…

もう一つの胡蝶蘭クライシス

会社事務所に9鉢もやって来た胡蝶蘭。 ラッピング問題で危機に瀕したのだが、その後の乾かしぎみの管理のおかげで、無事花を終える事が出来た。 その中の一鉢が、根元から黒く腐った様になってダメになってしまった。 花は最後まで咲かせてくれたので、花が…

脇役を主役にする事にした

やっと猛暑が落ち着いてきたので、事務所の観葉植物を植え替える事にした。 というのも、直射日光は避けて配置してあったものの、普段エアコンを使わない場所に置いてある観葉植物に、支障が出ているものがいくつかあるからだ。 以前、紹介した植物たちは大…

28度設定の呪縛

世間では、エアコンの室内温度を28度にして、なるべく節電しようという動きになっている。 政府自体がクールビズなどの一環で推奨しているのだが、凄く気になる記事を読んでしまった。 28度の根拠が、50年も前の研究だったとは・・・ それまで誰も調べ直そう…

周回遅れの人

以前からエントリ記事に取り上げているロボット上司。相手をしていると、本当に疲れる。 とにかく話がかみ合わないのだ。 なぜかみ合わないのかは、わかっている。 この上司、「自分以外は全員バカ」と思い込んでいる、典型的なおバカなため、そもそも人の話…

スト発動

つい先日まで、私は軽くストライキを起こしていた。 といっても、無断で会社を休んだり、仕事をせずに社内でフラフラしていたワケではない。 月次締めの処理を、ギリギリまで引き延ばしていたのだ。 因みに、仕事の流れとしては、私がまず処理したものを、高…

タドッている人、発見

以前から度々記事中に登場するおばちゃんなのだが、所謂『タドッている人』である事が判明した。 タドッている人というのは、件の心屋仁之助氏が付けた『ADHD(多動性障害、注意欠如)』の人の呼び名である。 まぁ、以前から「ガチャガチャガチャ子だな…

胡蝶蘭クライシス

やっぱり… 2週間も、しかもジメジメの梅雨時に、エアコンの温度設定28度の部屋の窓辺に、ずっとラッピングしたまま(ご丁寧に、中はセロハンで包んであった)放置したら、そりゃあ、お腐れ様にもなりますって(ー ー;) 誰だよ、「1ヶ月、ラッピングを解くことま…

オフィス・ジャングル

事務所移転のゴタゴタが終わってやれやれと思っていた。ところが、また問題が持ち上がった。 植物問題である。 あれほどロボット上司が、緑という緑を排除して移転に臨んだというのに、あちらこちらの取引先企業から、移転の祝いの品として、ジャンジャン観…

引っ越し狂想曲 完結編

さて、以前もエントリー記事に書いていた事務所の引っ越しだが、なんとか無事に終了した。 これでやっと、おばちゃんから解放される〜( ̄▽ ̄) と、晴ればれとした気分に浸っていたのもつかの間、また面倒な問題が… 休日に引っ越しだったので、これもまあ紆余…

人をムカつかせる天才

世の中には、タイトルのような人が何故か存在する。 動きがドンくさくてイライラする、というのでもなく、空気を読まずに行動するから腹が立つ、というのでもない。 とにかくはっきりと、言い回しがいちいちムカつくのだ。 憎まれ口しか言わないというか、皮…

引っ越し狂想曲

もうすぐ、我が勤務先事務所が移転する事になっている。 それに関して、ロボット上司が建築会社や電気工事業者、はたまた地主との折衝を一人で一手に引き受けている。 この上司、こちらに異動してきてまだ半年しか経っていない。 おまけに直属の部下ときたら…

アリ地獄の会話スパイラル

人事異動の時期で、今年は5名の入れ替わりがあった。 勤め先の企業体質が古く、シャチハタが禁止されており、印鑑は必ず認印を朱肉で押す事になっている。 といっても、本社やその他の支社、支店等ではシャチハタは解禁されており、現在でもわざわざ認印を…

お餞別は「奥様に花」?

またもや、家族葬に押しかけ弔問する例のおばちゃんが、物議をかもす事になった。 今度は、退職、異動する人へのお餞別についてである。 今までは、動く人に対してのお餞別として、一人いくらと決められた金額を集め、それを祝儀袋に入れて本人に渡していた…

攻殻ロボット上司

例の情緒に欠けるロボット上司なのだが。 業務上、本当に困るように感じてきた。 よく見たら、うなじの辺りにUSBかなんかの差し込みでもあるんじゃないだろうか。 書類を回すときは、「急ぎでお願いします」と言わないと本当にずっと置きっぱなしになって…

答えは一つ!カッコイイ!のか?

またまた上司(自称ガンダムオタク)ネタである。 ちなみに、この上司は以前エントリーした「高機能発達障害疑惑」の上司とは別人で、「高機能」のそのまた上の人である。 この上司、話を聞いていて、とことんミーハーでテレビ大好き人間だという事がわかっ…

人情の子、アトム

約2ヶ月ほど前の事、風邪をひいたわけでもなさそうなのに、やたらとくしゃみ・鼻水が出ていた日があった。 私は元々花粉症ではなかったのだが、いよいよやってきたか、と覚悟を決めていた。 だが、その日だけですぐに治まった。 結局、花粉症ではなかったよ…

困った人

職場に、本当に困った人がいる。 私の上司に当たる人物なのだが、以前の記事に登場した上司ではなく、その下に位置する上司である。私はこの人から直接指示を仰いで仕事をしているのだが、毎日毎日、どちらが上司なんだかわからない様な状態になっているの…

弔意って…

前回、家族葬について少し触れた。最近は家族葬が本当に増えていて、職場に回ってくる訃報も「家族葬につき、会葬、香典は辞退」というパターンがほとんどである。 経済的な理由もあるだろうし、粗供養や香典返しなど、後々の手間を省くという意味もあるだろ…

お悔やみを拒否られる

先日、上司の身内に不幸があり、現在忌引きで休んでいる。一応、管理職であるので、毎日職場に連絡を入れてきている。まあ当然といえば当然か。 で、昨日はたまたま、掛かってきた電話を私が受けた。その上司が忌引きを取ってから、初めて話すということもあ…

急ぎなら急ぎと言え…?

タイトルのセリフは、現在の私の上司が放った言葉である。私が言われたのではない。私の前の席に座っている、その上司から見たら部下、私から見たら上司が、そう言われながらお説教を喰らっていたのだ。実は、前任の上司の時に、私も同じ怒られ方をした事が…

◯◯占い

15年程前に、「ガンダム占い」というのがあった。占いというくらいだから、占いの本がシリーズで順番に数冊刊行されたのだが、これに描かれているガンダムがやたら可愛くて、私はハマってしまった。生年月日と血液型から、それぞれガンダムに登場するモビル…