goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

仕事

逆マイクロマネジメント

「マイクロマネジメントとは、業務のあらゆる手順を監督し、意志決定を部下に任せないスタンスのマネジメント方法を指します。」 ダイヤモンドオンラインの記事で紹介されていて印象的だったので取り上げてみる。 紹介されていた事例は、 「上司に”君に任せ…

社会適応力とコミュニケーション能力は別だとつくづく思った

また連チャンでおばちゃんネタである。 今日は朝からおばちゃんの態度にムカついてしまった。 一体何が気に食わないのかは知らないが、朝から挨拶もせずにツンケンしている。 こちらが挨拶をしても 「ああ」 とだけ言って、他の人には「おはよ~」とにこやか…

とばっちりの日々

このところ、何かと濡れ衣を着せられる事が多いわけだが、昨日もまたそんなような出来事があった。 取引先から届くはずの書類が間違って別のグループ会社に届いていたのだ。 その書類というのは、最終的には私の手元にもコピーが回ってくる書類なのだが、原…

おばちゃんの不審な言動

以前、おばちゃんに仕事でのチョンボを擦りつけられた記事をエントリーした。 この翌日、おばちゃんがおかしな態度で私に接してきた。 やたらとハイテンションで、いつもはそんな事をしないのに妙に親切だったのだ。 若手くんが新しい事務用品が欲しいという…

ごめん、ハッキリ言う。ロボット、頭悪すぎ。

今さらな話ではなく前々から思ってはいたのだが、あまりハッキリ言及するとそれこそ人権問題に発展しそうだし、何より自分の品格を下げてしまうような気がして言わないようにしていた。 だが、個人的に仕事に支障が出るようになって困る事が増えてきた。 さ…

「何でもかんでも人せい」にばかりしていると、撃たれる雉になるのだ

なんだかムカつく事が最近多すぎるなぁ。 私生活でも職場でも。 現在、私は 「なんでそんな事私がやらないといけないの?」 という類の仕事で溢れ返っている。 それもこれも、始まりは高機能の置き土産から始まっている。 元々は高機能の仕事だったはずが、…

まったくロボットの考える事はよくわからない

異動になって約半月が過ぎた若手くんだが、前任者である高機能の仕事をそのまま引き継ぐ事はなかなかに難しいようである。 実は高機能はああ見えて、多岐に渡って色んな仕事を担当していたのである。 出来ないだけで( ̄▽ ̄) 小さな支社であるので、ちょっと…

若手くん、色んな意味でキレる

高機能の引き継ぎ最終日前夜、とうとう若手くんがキレた。 この日はロボットが休みで不在。 高機能と若手くんが二人で引き継ぎを進めなければならなかった。 そもそも右も左もわからない若手を、すっかり高機能に任せて休んじゃうロボットの感覚が私にはサッ…

念願の人事異動だったのだが…

はぁー・・・。やっと大幅な人事異動が行われた。 高機能が別の支社に異動することになった。 あー、やれやれ。 やっと解放されるー♪ と思ったのもつかの間。次にやって来たのが、入社3年のまだ20代半ばの若手だった。 え~、大丈夫か? 全部を切り盛りしな…

高機能発達障害の次は多動性障害

高機能がアスペルガー症候群に違いないのは、普段の言動を見れば明らかなのだが、実はおばちゃんの方もわかりやすいADHD(注意欠陥・多動性障害)なのである。 心屋仁之助氏が表現するところの、「タドッている人」である。 これも、アスペルガー症候群…

世界の中心な人の思考回路が理解出来ない

私がいる部署の島の横に、社名入りの封筒を入れるケースを置いてある。 封筒が必要なときは、そこから取り出して使用している。 おばちゃんの部署にも、封筒を入れてあるケースがある。 ところが、おばちゃんの席からおばちゃんの部署の封筒の場所が離れてい…

大係長

20年ほど前、派遣社員として働いていた。 その派遣先の上司が、アルバイトとして課題の勉強をしないか?と持ちかけてきた。 その上司があまりにも忙しく、社内教育の課題をこなせないので、私にかわりにやってくれと持ちかけてきたのだ。 その当時、私の他…

スト発動

つい先日まで、私は軽くストライキを起こしていた。 といっても、無断で会社を休んだり、仕事をせずに社内でフラフラしていたワケではない。 月次締めの処理を、ギリギリまで引き延ばしていたのだ。 因みに、仕事の流れとしては、私がまず処理したものを、高…

「明るいバカ」と「暗いけど優秀」

数日前に、何時も訪問しているブログで、タイトルの記事が取り上げられていた。「上記の二者のうち、新入社員として採用するならどちらが良いか」というアンケートを社会人に対して行った結果、なんと6割強もの人が「明るいバカ」を選んだというのだ。この記…