読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

アオジが飛んできた

昨日の朝、自宅から駅までの通勤途中の道を歩いていたら、グリーンの小鳥が道の端に降りてチッチッチッと小さい声で鳴いていた。

 

字ヅラだけで「グリーンの小鳥」と見ると、一瞬セキセイインコとかそういうのかな?と思われそうだが、全然違うのだ。

スズメをグリーンがかった色にした様な野鳥だった。


緑色の野鳥といえば、代表的なところではメジロあたりだと思うが、メジロは私でも分かる。

初めて見た鳥なので、早速家に帰ってから調べてみた。

 

アオジ

f:id:nh-goru3046:20170217055021j:image

 

ノジコ

f:id:nh-goru3046:20170217055008j:image

 

先の画像の2種類のどちらかだと思うのだが、パッと見スズメによく似ていたので最初の方のアオジの様な気がする。

 

見た鳥は、黒っぽい斑ら模様がはっきりしていて、頭の毛が立っているのか、とんがった頭をしていた。

上のアオジの画像の方が、シルエット的には近い。

 

でも、緑の鮮明さは下のノジコに近い様な気もするしなぁ、などと思い出しながら動画を探してみた。

 

 

いやもうアオジだわ。

下の方の動画の地鳴きなんて、まんまだし。

と思いながらノジコの動画も見てみた。

ええー( ̄▽ ̄;)

鳴き声はほとんど同じだった…

 

まあでもやっぱり斑ら模様の印象が強いからアオジだろうと当たりをつけ、野鳥好きな人のブログのアオジに関する記事を色々と読んでみた。

 

多かった表現は

「なんだ、アオジか〜」

 

なんか、がっかりされてるし(ー ー;)

 

「ノジコ?…なーんだ、アオジかぁ〜」

というのもあったり。

 

この2種、よく間違われるらしい。

で、アオジは割りとどこにでもいる鳥で、ノジコの方は珍しい鳥のようだ。

 

やはり私が見たのはアオジだろーな。

私は初めて見たので、アオジでも感動したのだが…

 

ちなみに、見分け方としては、アオジの方が胸にも黒い斑ら模様があるのと、ノジコの方には目の周りに白いアイリングがあるらしい。

 

画像を見比べると、なるほど納得。

でも、直に動いている鳥を一瞬で見分けるのは至難だなぁ。

 

 

「qazx」ブログさんこと「直次郎のブログ」さんは「縦椅子のブログ」さんに変身していた

う〜ん。

 

ここ数日、個人的にバタバタしていたのですっかりネットから離れていた。

久々に「直次郎のブログ」さんを訪問してみたら、無くなっていた(・・;)

 

ええー?

いったい何が起こったのだろーか?

 

と心配していたら、なんと「縦椅子のブログ」として再々開されていた。

qazx : また引っ越しました

 

あー、びっくりした( ̄▽ ̄;)

 

 縦椅子のブログ

 

お次は「縦椅子のブログ」さんですよ。

皆さまお間違えのないように。

 

昨日はバレンタインデー

ああ、やれやれ。
昨日はバレンタインデーだった。

本当に七面倒くさい。

元々、進んでギリだのトモだのとチョコを張り切って渡す方ではないので、その時の職場の空気に合わせていた。

だが、今の職場は本当におばちゃんがメンドーなのだ。

おばちゃんは、期待通りの、張り切って渡すタイプの人である。

が、いちいち一人ずつに包みを渡すという本格派ではなく、アソートの大袋をいくつか買ってきて、菓子鉢にドサッと入れたものを「ご自由にどうぞ」といった具合にドンと置いている。

以前はそれを、わざわざ別フロアの、私が所属する部署の部屋にも持って来ていたのだ。

私が現職場に入った頃に、悪いと思ったので「私も半分払う」と言ったのだが、「自分が勝手にやってるだけだし、一人でやりたいからいい」と断られた。

ええ~~?と思ったのだが、しょうがないので、私は私で自分の部署の人だけにアソートの大袋を買って、適当に分けて配っていたのだ。

ところが、昨年のバレンタインから、事態は変わった。

今のロボット上司が甘い物を食べない人だった。

しかも、チョコが一番嫌いと来ている。

嫌いな物を聞いてしまった以上は、アソートを配る事が出来なくなってしまった。

だが、その後の話の中で、あんこはダメだが、みたらしだんごやわらび餅などのあっさりした和菓子は好きという事がわかった。

という事で、中にみたらしのタレが入っただんごを買ってきて渡したのだ。

ところが、である。

私がみたらしだんごを渡した事が、おばちゃんの逆鱗に触れてしまったらしかった。

「なんで言ってくれなかったのよ?!私も半分お金出したかったのに、一人で勝手にやって!」

と、私の所へやって来て、さも私が抜け駆けしたかのように罵って、怒り狂っていたのだ。

はぁ~?
自分はちゃんとチョコ配ってんじゃん。
しかも、抜け駆けしてたのは自分の方だろーに。

ワケがわからん。

「おばちゃんはちゃんと皆にチョコ配ってるからいいじゃない。私は何もしてないから、自分の部署の人にだけチョコの代わりに渡しただけなんだから。それに、ロボットさんチョコ嫌いだって言ってたし」

と説明したのだが、

「それとこれとは別でしょ?!チョコとみたらしじゃワケが違うじゃない!!」

と、チョコだのみたらしだの、傍から見たら笑えるような内容で怒っていたのだ。

この話を友人やその他知り合い等に話してみたのだが、皆一様に

「はぁ?なんだそれ?元々その人の方が抜け駆けしてチョコ配ってるじゃん。自分以外の人が目立つのが気にくわなかったんじゃない?」

と、同じような感想だった。

まぁ、そんな事があって、何かを買って渡すのも一苦労というかなんというか。

 

などと考えているうちにバレンタインになってしまった。

おばちゃんは、昨日サッサと皆にチョコを配っていた。

いつもとは違い、アソート+一人一人に配っていてちょっと驚いた。

昨年、私がみたらしを渡したのをそんなに気にしてるんだろーか?

去年、私は自分の部署の2人に渡しただけだったが、今回おばちゃんは全員に配っていたので約30人分用意した事になる。

全くワケがわからないよ(・・;)

 

それを横目で見ながら、私は今年、結局何も用意しなかった。

「そういうとこなの~!」


タイトルのセリフをTVCMで耳にして、まさに私が毎日言いたくなるセリフだと共感した。

我が職場の上司であるロボット上司が本当に面倒臭い人で、何をやるにしても回りくどい。
もっとシンプルにやればもっとスマートに仕事が進むのにと思いつつ、指示通りに泥臭い仕事を日々こなしている。

先日そのロボット上司に、指定された10枚程度の書類をファイルから抜き出してスキャンしてくれと頼まれた。
月ごとに綴じてあるファイルから各月それぞれ1枚ずつ書類を抜き出して、まとめてスキャンするという仕事だった。

その時にロボットが言ったセリフが
「モノクロ”で”いいから」
だった。

よくねーよ。
そもそもカラーコピー機のスキャナーを使うので、最初の設定がカラーになっている。
モノクロで撮るとなると、わざわざ設定し直さなければならないのだ。

「面倒だけど、モノクロでお願いできるかな?」

じゃないのか。

と、イライラしながらもスキャンして、ロボットに終わった事を報告した。
すると、
「それ、PDFデータで欲しいからこっちに送って」
と言う。

いやいや。
スキャンしたデータは、スキャン用の共有フォルダーに入っている。
各自のPCから共有フォルダーを開けば見る事ができるのだ。
なので、一瞬何を言われているのかわからなかった。

「スキャンの共有フォルダーに入ってますよ」

と言うと、
「それはわかってるからさ、そのデータをメールで送ってよ。そのデータ、本社に送らないといけないんだよ」
と、また言う。

面倒になりながらも
「メールで送らなくても、ロボットさんのPCから共有フォルダーを開いたら見れますので」
と、事細かに説明すると、
「あ、ああ、そうか、そうだった~。いやー、忘れてたよ~。はははははは」
だって。

ちなみにこの人、今の支社に移動してくる前は、システム関連の部署だった。
バリバリの理数系で(だからイマイチ言葉が通じないのかもしれないが)、一時は親会社に出向してシステム開発を担当していた事が自慢なのだ。
なのに、なんでそうなるんだよ。

言われたスキャンの仕事は終わったので、書類をまた元のファイルに綴じて席に着いた。
その時、ロボットが何やらプリントアウトしている。
よくよく見ると、先程スキャンしたデータを印刷していた。
スキャンしたものなので写りが悪く、小さい数字は潰れて読みにくくなっている。
データだけでなく印刷物が必要なら、なんで先に言わないんだよ。

スキャンするついでにコピーも取れたのに、もうそれぞれのファイルに綴じてしまったじゃないか、と思いながら
「それ、コピーいるんですか?」
と尋ねた。

すると、ちょっとイラついた風に
「PDFデータを本社に送らないといけないからスキャンでいいんだよ!」
と言う。

なにそれ、なんでキレぎみで言われないといけないんだよ、と思いながら
「いや、わざわざ印刷もしてるんなら、さっきの原本を出しているときにコピーした方が数字が見やすいと思っただけです」
と言った。

すると、ロボットはハッとして、
「あ、そうか、そうだよね…。原本、もうファイルに綴じちゃったよね…」
と、初めて気付いたように言ってきた。

「はい、綴じました」
とだけ答えて、もう知らん顔をした。

ほんと、そういうとこなんだよな。
面倒すぎるよ。

デモは勝利に終わったようだが…

一昨日、新宿で「アパホテルに抗議するシナ人デモ」に対するカウンターデモが行われた。

そこで桜井誠氏も述べていたが、なぜシナ人がわざわざよその国でデモするんだよ。

しかも、言論の自由が保障されている国の、一民間企業に対してだよ。

また、そのデモを許可しちゃってるこの国も、一体どうなってるんだかなぁ。

 

外国人が政治活動を行うのは入管法違反だと、村田春樹氏もマイクで述べていた。

 

「日本でデモなんかやってないで、トイレに行ったら手を洗う事を覚えて帰りなさい」

だってww

一番ウケた( ̄∀ ̄)

後の桜井氏の報告によると、結局シナ人がアパホテルに抗議文を渡す事は出来なかった。

行動する保守運動』が阻止する事に成功したそうだ。

しかも今回集まったシナ人は100人程度だったらしく、桜井氏側の方は300人程と数で勝っていたらしい。

最近は、こういった呼びかけに応じて参加する日本人も増えているようで、ひと頃のことを思うと心強く感じる。

桜井氏が街頭演説で語っていた「9年前の長野での五輪の抗議デモ」。

長野で五輪というと、「え、長野五輪?9年前だっけ?」と混乱してしまいそうだが、この9年前のデモとは、「北京五輪に抗議するデモ」である。

この頃、シナがチベットを弾圧し、虐殺を行っていたのだ。

世界中から非難され、「フリーチベット運動」に発展していったのだが、いかんせんシナは国連常任理事国である。

北京五輪は何事もなかったように、シレ~っと開催された。

こんな「ねじれ」状態の国連に、一体何の意味があるんだ?

北京五輪聖火リレーが長野を通る時に、日本人の有志の皆さんがチベットの旗を振っていたら、4000人ものシナ人がドッと押し寄せてきたのだ。

シナの国防動員法により祖国から命令された日本在住のシナ人留学生どもが長野に集結し、日本人のデモを邪魔しに来たというわけだ。

同じ様な現象は世界各地で起こっていた。

北京オリンピックの聖火リレー - Wikipedia


当時の私は、自分の事で精いっぱいで一番世間から遠ざかっていた時期だった。

テレビも新聞もほとんど見ていなかったし、ネットもやっていなかったので、世間の情報から隔離された状態だった。

当然、チベットで起こっている事や長野のデモについても、なんとなく聞いた事があるという程度の知識しかなかった。

後々になってチベット関連をネットで検索しまくったら、まぁ酷い。

拷問に次ぐ拷問、挙句の虐殺。

それに抗議するチベット僧の焼身自殺。

一体、何人虐殺したら気が済むんだよ、シナ人ってのは・・・

既に文化大革命の時に粛清しまくって、大虐殺を行っている。

ホロコースト南京事件(捏造)もビックリの数だよ。

今回の新宿のデモを阻止しようと、桜井氏の陣営の他に日本在住のチベット東トルキスタンの人たちのグループがデモを行っていたそうだ。

だが、警察は止める。

なんでそっちを止めるんだよ。

止めるならシナ人の方だろー。

桜井氏が自分の陣営に招いて、演説をしてもらっていた。

「この素晴らしい国でシナ人のデモが行なわれるのは誠に残念」

と語っておられた。



私は声を大にして言う。

「パンダはチベット原産だーーーー!」

よその動物捕まえて、勝手に外交に使ってんじゃねーよ!

業田良家氏の『慈悲と修羅』という漫画を読んで、本当に衝撃を受けたのを覚えている。

 

業田良家慈悲と修羅

http://www.geocities.jp/my_souko/goda_01.htm

 

中でも、民族浄化というキーワードは頭から離れない。

シナって、マジで世界征服狙ってる悪の組織なんだと本当に恐怖に感じたのだ。

チベット人は日本人とDNAが近いそうだ。

温和で穏やかで平和的なのは、やっぱりDNAなんだとつくづく思うのと同時に、そういう所をシナは狙ってくるのだとも思った。

間違っても、隣とはDNAが違うんだよな。

などと色々考えながら見つけた『中谷良子のブログ』さん。

今回のデモについて考察されている。

 

 

うん、確かに狡猾なシナに対抗する為には、色々と作戦を練る必要が有りそうだ。

 

"狂犬"の異名は褒め言葉だった

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170203/k10010864011000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

マティス国防長官 安保条約 尖閣諸島に適用と明言
2月3日 19時19分

 

来日中のマティス国防長官が、安倍首相との会談で、上の様に述べたということで、まずひと安心。

 

来日前から"狂犬"呼ばわりされていたので、どんだけ強硬な人なんだ?と思っていたら、現実を見据えている超マトモな人だった。

 

そりゃあ、元軍人で海兵隊大将を務めていたともなれば、冷静に的確な判断が出来る人なんだろう。

 

しかも、

稲田朋美防衛相は4日午前、来日中のマティス米国防長官と会談し、共同記者会見を行った。マティス氏は在日米軍駐留経費の一部を高い割合で負担している日本について「日本はモデルだと思っている」と評価した。

 

当の大統領が駐留経費の負担割合の事で日本を責めていたわけだが、まぁ、ただの勉強不足かポーズかという話で、側近はちゃんと理解していたというオチだった。

 

メディアはこぞって不安を煽るように狂犬狂犬言ってたが、『狂犬』はむしろ褒め言葉だろー。

トランプ大統領もその方向で使った異名だというのがよくわかった。

もう、こういうスタイルでやっていくんだろうかねぇ。

大統領がイケイケで言い過ぎたところを、側近が収めて周るっていう…

 

中国外務省の陸慷報道局長は3日夜、マティス米国防長官が安倍晋三首相との会談で沖縄県尖閣諸島について米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象とする立場を確認したことに対し「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国固有の領土だ」と非難する談話を発表した。

 

まあ、お約束でモンク言うよね、シナさんは。

 

 【北京=西見由章】マティス米国防長官が日韓両国との同盟関係を再確認してアジア重視の姿勢を明確にしたことで、トランプ大統領就任に伴い関与の度合いが下がると期待していた中国は戦略の見直しを迫られそうだ。「米国や同盟国への攻撃は撃退する」(マティス氏)との決意は、北朝鮮のみならず中国にも向けられたメッセージだと受け止められている。

 

と、シナに釘ぶっ刺してたなぁ( ̄▽ ̄)

 

で、日本より先に来るからってドヤ顔してた、隣りの国家の体を成していない場所。

 3日に来日する米国のマティス国防長官をめぐり、米政府が韓国より先に日本を訪問することを打診していたことが2日、分かった。しかし、日本政府は国会審議の日程を理由に来日時期をずらすよう要請。これを受け、マティス氏は韓国、日本の順番で歴訪することに決定し、マティス氏の初外遊先は韓国となった。

 

実は時間つぶしの訪韓だった事が明るみにw

時間つぶしとはいえさすが"狂犬"、ちゃんとしっかり仕事をしていた。

"狂犬"マティス氏、韓国次期政権を恫喝 「赤化統一」在韓米軍撤退の可能性

 

もう、ほぼ撤退確定でレッドチームだろー、隣りは。

たらちねの慰安婦像

誤解招く…慰安婦像「少女」呼称に批判噴出 外務省は見直し検討

「出席議員からは「少女像と呼べば、実際に少女が慰安婦をやっていたと思われる」(青山繁晴参院議員)、「政府が『少女像』と呼ぶからNHKなどマスコミもその表記を使う」(佐藤正久参院議員)などと批判が噴出。政府が使う呼称を「慰安婦像」など誤解を招かないものに統一するよう求めた。」

 

確かに、少女像と呼べば、いかにも少女のイメージがついてしまいそうではある。

っつーか、世界的にはその方向で広まっている。

 

本物の慰安婦像は

f:id:nh-goru3046:20170129105515j:image

こんなん。

 

デカ〜Σ(・□・;)

 

自称慰安婦のババアどもが共同生活をしている「ナヌムの家」にあるらしい。

 

ちょうど1週間前に放送された『そこまで言って委員会』で、大高未貴氏が紹介してて、司会者もパネラーも口を揃えて

「ええっ?これがー?!」

と、驚愕だったしww

 

ざこば師匠なんて、「乳垂れてる」発言w

 

番組内容の詳細は『テレビにだまされないぞぉⅡ』さんのブログで紹介されている。

【日韓関係】 大高未貴氏プレゼン「垂乳根・元祖慰安婦像(ナムヌの家)・ライタイハン・ピエタ像」 【そこまで言って委員会】: テレビにだまされないぞぉⅡ

 

で、即反応したのが

 

日本のTV番組で…元祖慰安婦銅像写真に「お乳垂れてますね」妄言
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
2017年01月25日 08時38分

http://s.japanese.joins.com/article/035/225035.html

「日本のあるTV番組で、元祖慰安婦銅像写真を公開した後、「お乳垂れてますね」との妄言を吐く映像が公開され、韓国ネットユーザーの公憤を買っている。 」

 

垂れ乳発言に憤っているらしいw

そっちかよ(⌒-⌒; )

 

で、『テレビにだまされないぞぉⅡ』さんの記事タイトル

垂乳根・元祖慰安婦像(ナヌムの家)」

の、垂乳根(たらちね)が気になった。

 

「たらちね」って、たしか短歌で「母」にかかる枕ことばだったよなぁ〜?と思いつつググッてみた。

 

垂乳根の → 垂れた乳房の」

 

という意味らしい。

知らなかった〜(・Д・)

 

「足乳根の → 満ち足りた母乳の」

 

という、違う使用パターンもあって、諸説ありなんだそうで。

 

色々と勉強になるなぁ。