goru-goru綴り

日頃のもやもやを書き綴ります

買い物、こわい

別に『饅頭こわい』のように「買い物するのがこわい~」という話ではない。

 

おばちゃんの事務用品の買い方が圧倒的すぎて恐ろしい。

私にはあんな買い方は到底できない。

 

会社の規模にもよると思うが、今の職場はせいぜい30人ほどである。

ボールペン一つとっても、10本入りを1ケース買っておけば、翌日にはすっかり無くなっているなどというような事はまずないのだ。

 

だが、おばちゃんはボールペンがまだ1ケース残っていても、平気で20本30本と注文する。

 

まだあるのになんで?と思ってよくよく観察していると、どうやら新製品が出るとすぐさま購入しているようなのだ。

 

購入するメーカーや商品が定まっていないため、それぞれがバラバラのメーカーの物を使用しているハメになり、結局それぞれが自分が使っている商品の替え芯をまたおばちゃんに頼むもんだから、ボールペンだけでも数種類の在庫があり、それに対応している替え芯がそれぞれあり、保管場所がいっぱいいっぱいになっていて、注文した商品が届く度にその都度空いている隙間にどんどん放り込んでいるためどこに何があるのやらさっぱりわからない状態になっている。

 

要するに整理整頓できていないのだ。

 

そしてその事を誰もおばちゃんに注意しないため、社員がそれぞれ必要な事務用品を取りに行った時、目的のものを探し出すのに一苦労で多分に仕事に支障をきたしている。

 

時間を費やして探しに探した挙句、結局見つける事が出来ずに新たにおばちゃんにその事務用品の注文を頼むため、またおばちゃんが20~30も発注してその品が届く。

 

後日、全く別の場所からそれが見つかって、結局在庫を50も60も抱えるという悪循環に陥っているのだ。

 

それぞれの時間も無駄だが、購入した代金も大層無駄に終わっている。

 

消耗品なのでいずれは使う物ではあるが、今期中に使いきるわけがない。

結局、今期は消耗品に費用が掛かりすぎという話になる。

 

だからといって、おばちゃんに注意が入るワケもなく、そのまま来期になってもおばちゃんの買い物のペースは変わらずに、また「消耗品が圧迫しているからなるべく節約するように」という全体への通達で終わる。

 

そうじゃないんだよなぁ(⌒-⌒; )

 

で、そうこうしているうちに、社員それぞれが事務用品を探すだけでかなり時間を食ってしまっている事にロボットが気付き始めた。

 

そこでロボットが考えた策が

 

「goru-goruさん、事務用品の保管場所の整理お願いします」

 

だったのだ。


ほんとにさぁー、こんな理不尽な振り方ってあるかね。

こればかりは怒りを通り越して呆れたわ( ̄▽ ̄;)

 

そこはさー、せめて散らかしまくっている本人に言ってくれよとは思うものの、

「どうせおばちゃんに整理整頓はムリ」と皆が思っているのが丸出しで、非常によく理解できたのだった。

 

しかもロボットが残念なのは、各社員の時間の無駄にのみ言及していて、おばちゃんの無駄買いにはまったく触れていないところである。

 

まぁこれはおばちゃんに対するアンタッチャブルな案件として、ロボットとしても見て見ぬフリをするしかないのかもしれない。

 

私はと言えば、手が空いている時に手伝うのは良いのだが、おばちゃんの管轄に手を出すのはなるべく避けたい。

絶対に難クセをつけてくるに違いないからだ。

 

だが結局、どこに何が入っているのかがパッと見でわかるように、扉や引出の表側にタイトルを貼るようにという指示も出され、はぁ~、イヤだなぁーと思いながら事務用品が入っているキャビネットを整理していた。

 

すると、案の定おばちゃんがやってきて

 

「それ!その名前貼るの!アタシもやろうと思ってたんだから!でもいくら整理しても皆がどんどん散らかすから同じだと思ってやるのやめたの!そんな事やってもムダなのに、バッカみたい!」

 

と捨て台詞を吐いてどこかへ行ってしまった。

 

あのなぁ…(ーー;)

一体誰のせいでコレやるハメになってると思ってるんだか。

「バッカみたい」はないでしょうよ。

 

皆がドンドン散らかしたら、その都度整理するのがアンタの仕事でしょうが。

 

おばちゃんはそうやってさも他の人のせいのように言うが、実際一番散らかしてひっくり返しているのは実はおばちゃんだったりするのだ。

 

整理していてよくわかったのだが、一番上の引出に入っているはずの付箋類が新しい封のまま別のかたまりで一番下の引出の空いている隙間に突っ込んであったり、真ん中の引出に入っているはずのセロハンテープが、届いて封を開けていない状態のままの別のかたまりで扉の棚に押し込まれていたり。

 

どう考えても、誰かが漁った後の散らかり方じゃないんだよねー。

 

届いた状態のまま全く別の所に放り込んでいるのは、事務用品の発注担当者に他ならないわけで…

 

なんかさー、「本当は自分がやらないといけないのに、やってもらってゴメンね」くらいの事は常識があるなら言うんじゃないの?

 

で、もうひとつ気になったのが“テープのり”の減り具合。

 

今年の初めくらいに「こっちはスティックのりひとつ買ってもらえずに困っているのに、テープのりなんぞを大量に発注して、どーなっとんじゃ」と思ってから、ほぼ使用された形跡が無く数もほとんど減ってない。

便利そうだから試しに買ってみよ~という気持ちで買ったのだと思うが、なんで大量買いするのかね。

不思議でしょうがないわ。

 

この人、今までの職場でもこんなんだったのだろうか?

飲み会に皆勤賞だったら協調性があるっていうのはまた違うような気がする今日この頃。

 

そして今日も20~30ほどの修正テープの本体と交換カートリッジがどっさり届いていた。

修正テープなんてそうそう減らないと思うんだけど、そんなに大量に頼んでどうやって使うんだよ。

 

しかも交換カートリッジで十分なはずなのに、なんで本体も大量に届いているのやら。

 

あと3年くらい持ちそうだわ。

どうしても主役の座は譲れないらしい

なんつーかねww

もう笑うしかないっていうか、考えようによっては微笑ましいっていうか。


いつもおやつにお菓子類を買って来て差し入れてくれる男性社員がいて、大体3時くらいになるとおばちゃんが休憩室にそのお菓子を出しておいてくれる。

 

昨日は私がおかき・せんべいの類が食べたいと思い、たまたまスーパーで安くなっていたせんべいを買って持っていった。

 

その男性社員が買ってきたお菓子と一緒に置いていたら、おばちゃんがやって来て

 

「あー、goru-goruさんも持って来てくれたんだー、○○さん(お菓子を差し入れてくれる男性社員)もいつもそこに置いてるから一緒に置いててくれたらいいよ」

 

と言うので、そこに置いて後は任せる事にした。

 

で、3時のおやつどき。

 

休憩室に行ってみると、その男性社員が買ってきたお菓子でもなく、私が買ってきたせんべいでもなく、全く違うビスケットがテーブルに置かれていた。

 

「ええ?ビスケットなんかあったっけ?○○さんが持ってきてくれてたのか?」

 

と不思議に思いつつ、せっかくせんべいを食べようと思ったのに、ビスケットかい~と少々ガッカリ。

 

すっかりせんべいの口になっていたので違和感満載でビスケットを1枚食べた。

 

食べているところへおばちゃんがやってきたので、

 

「ビスケット、あったんだねー」

 

と話しかけると、

 

「うんそう!ビスケットなんて家では買わないから丁度いいと思って買ってきたの。今日は私が買ってきたの出したんだから!」

 

ツーン!

 

と、エラソーに鼻高々に言っている。

 

あーそう。。

 

まあね~、いつもの事なんだけどね~。

 

人がせっかく持ってきたのにそれは差し置いて自己主張かい~、と思ったところでふと思い出した。

 

昼いちでおばちゃんは上司におつかいを頼まれて外出していた。

 

おばちゃんは外出を頼まれると通勤に使っているマイカーで出かけるので、いつもは10~15分ほどで戻ってくるのだが、今日は小一時間ほどかかっていて、やたら戻ってくるのが遅いと思っていたのだ。

 

しかも、いつもはおつかいごとをやたらと嫌がる。

 

別の用で出かける営業マンを捕まえては「ついでに寄って来て!ね!ね!」と無理やり押し付けている。

ところが、今日はやたらと自分から出て行こうとしていたのだ。

 

おばちゃんの上司が

 

「今日じゃなくてもいいんで、届けておいてください」

 

と言っている時に、はりきって

 

「早い方がいいと思うから今日行ってきます!」

 

と宣言して珍しく進んで出かけていたのだ。

 

まぁ本来はそうあるべきというかなんというか、元々そのお使いっておばちゃんの仕事じゃんかー。

普段嫌がって人に押し付けてるのがそもそもおかしいんだよ。

周りが何も言わないからおばちゃんも平気で人に振りまくっているわけなのだが。

 

で、どうやらその外出ついでにわざわざビスケットを購入してきたらしい。

 

いや、ビスケットを買いに行ったついでにお使いの用を済ませてきたというか。

 

つまり、私がせんべいを持参した事が気になって仕方がなかったらしく、自分も何か買って来なければと思って慌てて買いに走ったようなのだ。

 

アホだ。

なんというつまらん負けず嫌い。

しかも行動がわかりやす過ぎ。

なんか、小学校のクラスにこういうわかりやすい自己中な主役の子いたわ~、というレベルじゃねーか。

 

以前にも同じような事があった。

 

夏の暑い日にアイスが食べたくて、私もおつかい仕事がたまにあるので、ついでに皆にも差し入れようと買って戻り、休憩時に皆で食べた事がある。

 

その翌日、おばちゃんも必死になってアイスを買って来たのだった。

いやいや、昨日食べたし~。

と思ったのは私だけではないはず。

 

この人ってホント、いつもどこかがズレてるんだよ。

そうやって変なところでこちらに勝とうとしてくるし、そういう時だけ自分の仕事を都合良く使うし。

 

私はもうウンザリなので、たまにお菓子の差し入れはするが、絶対にバレンタインには関わらない事にしている。

 

もうバレンタインはおばちゃんの独壇場ってことで、どうぞ、どうぞ。

一昨年、それでおばちゃんの機嫌を損ねる事態になったので、去年は結局何もしなかったしなぁ。

 

あーメンドクサイわー(ーー;)

 

おばちゃんの負けず嫌いは今に始まった事ではない。

私は社会に出てからずっと経理畑で働いてきたので、それなりに数字にも慣れているしシステムの扱いにも慣れている。

それに付随してエクセルワードも必要最低限の事は出来る。

 

ところが、おばちゃんは若い頃からずっと働いている割にはPCの扱いはどうやら不慣れなようで、基本の操作もおぼつかない状態で人に聞きながらやっと使えているレベルである。

 

そういうところがまたおばちゃんのカンに障るのか、わからない事を私に聞いてくる事はまず無い。

多分、聞いたら負けた気になるんだろーな。

 

こっちはそんな風に思った事はないので質問されたら丁寧に説明するつもりだが、どうやらおばちゃん的には私に対して弱味を見せたくないという気持ちが働くらしい。

 

弱味云々言ったところで、そもそもおばちゃんとは土俵が違うのでそんな展開にはならないはずなのになぁ。

 

おばちゃんは高校を出てすぐに出来ちゃった結婚をした為、正社員で働いた経験がない。

ずっとパートタイマーで働いていたので、専門的な仕事をやった事がないのだ。

 

なので、負けた気がして悔しいから聞かないとか、私からすると仕事をナメているとしか思えないのである。

周りに迷惑だから、わからなかったらちゃんと聞けよ。

 

で、挙句にこういう人の最終兵器が『人のせい』なんだからなぁ。

ほんとカンベンしてくれよー。

足立無双www

www.youtube.com

 

朝日新聞、シね!」

 

ですっかりお馴染みになってしまった維新の会の足立康史議員。

 

もう笑うしかないわ〜w

 

思いっきりタマキン、陳、生コン辻元に切り込んでたw

 

維新といえば、国会での質疑で結構鋭く突っ込んでいて、本来の国会の質疑応答の姿が見られて好印象を抱いていたのだが、例の橋下の丸山議員に対するツイートのやり取りですっかりゲンナリしていた。

 

その橋下の側に立って丸山議員に対してボケボケとツイートし、挙句に有権者に対してもボケと暴言をツイートしていた足立議員にはちょっと引いて見ていた。

 

が、比例復活とはいえ、やはり国会でこういう突っ込みをする人は必要だ。

 

この人は今後もこういう役回りでやってもらえればいいかな。

 

維新に対してはすっかりドン引きだけどねー。

 

 

気になる新渡戸記念館の行方

えーっと、なんて言うか・・・

 

以前、ねずさんこと小名木善行さんのブログで紹介されていて、保守速報さんでも取り上げられていた「新渡戸記念館の取り壊し」について。

 

 

 

この記事をプリントアウトして職場のおじさんに見せてみた。

 

よく記事中に登場するおじさんで、所謂団塊世代ど真ん中の69歳である。

 

団塊世代はこういう状況についてどう思っているのかを確認してやろうと思って、記事を読んでもらったのだ。

 

すると、その印刷物を渡した翌日に「昨日のやつ読んだよ」と話しかけてきた。

 

「まぁ、ああいうのはしょうがない部分があるからなぁ。維持費が毎年3000万円もかかるし、市役所の方もなかなか厳しいから取り壊しにでもしないとやっていけないんじゃないか?」

 

という、非常に残念な感想で終わった。

 

っつーか、ねずさんの記事中には維持費の事なんか書かれていないんだが、自分で調べたのかな?

 

このおじさんも、まさに自虐史観で育った「日本人が悪かった」教育の賜物の人である。

 

教えられた事が全て正しいと思っている人なので、ほとんど自分で調べるという事をしないのだ。

 

おじさんの語録を並べるとまぁキリがないのだが、一番わかりやすい例を出すと

 

産経新聞は偏っている」

「(シナチョンに対しては)日本が悪い事をしたからしょうがない」

自民党のせいで日本は借金が増える一方」

 

などなど。

 

SEALsや辺野古で暴れているゲバルトじじいに比べると、調べもせずに本気でそう思っていそうなところが余計に厄介なのだ。

 

こういうのが選挙でとんでもないヤツに投票したりするんだよなぁと危機感を抱いたので、徐々に覚醒させるべく、普段からネットの情報なんかを色々と吹き込んだりしていたのだ。

 

だが、この世代は頑固である。

 

というか、洗脳を解くのってホント難しいのよ。

 

で、なぜか新渡戸記念館に関しては自分でも調べたのか、維持費の事なんか持ち出してこれまたなぜか役所側からの見方で語っていて、一体どーなってんの?と思ってしまった。

 

「いやいや、ちょっと。確かに維持費云々を言い出すと財政が厳しい話になるのはわかるんだけど、ポイントはそこじゃないんだって。“中心人物が日本人じゃない”とか“展示品が行方不明になってあげくに海外のオークションにかけられる”とかいうところが問題なんじゃないの、この場合?そこは何とも思わなかったの?しょうがないと思う?」

 

と質問をしてみた。

 

すると、

 

「うーん、日本人じゃないって書いてたか?オークションに出したら結局は市の収入になるから良いんじゃないか?」

 

と平気でトンチンカンに答えやがった。。( ̄▽ ̄;)

 

「違うんだって。市の収入にもならないんだよ。中心になって廃館に持って行こうとしてる人物が自分の懐に入れるっていう話じゃん。まぁそのために取り壊しを画策してるっていう記事だったんだけどね」

 

と、一度記事を読んだはずの人になぜか概要を説明するハメに~。

 

しかも、日本の宝が海外に流出する事になんとも思っていなさそうなところにもちょっと呆れたし(ーー;)

 

そして挙句には

 

「ははは、役所がそんなドラマみたいな悪どい事をするわけないだろー。ちゃんと決まりに則って会議やなんかで決定してるんだから。はははー」

 

とか言ってて、すっかり萎えた。

 

えええ~~…( ̄◇ ̄;)

 

その役所の決定事項やなんかが既に怪しいって記事中にもさんざん書かれていて、それに納得が出来ないから新渡戸家側が裁判起こしてんだけどねー。

 

結局、全部再度事細かに説明したのだが、おじさんが理解してくれたかどうかはビミョー。

 

このおじさんと話していてよくわかったのは、自分都合で記事を解釈して、自分の都合に合わない部分は読まなかった事にするんだなぁというところだった。

 

おじさん自身はとても良い人なだけに、思想的には本当に残念だったりする。

 

まだ救いなのは、「産経新聞は偏っているから読まない」と言っていたが、「朝日新聞も偏っているから読まない」と言っていて、地元の地方紙しか読んでいないところかなぁ。

 

百田さんも常に言っているが、団塊世代って本当にナンギだ。

 

 

バカ男観察日記15

バカ男シリーズ、なんでこんなに連続投稿せにゃならんのか(⌒-⌒; )

 

面白いからしょうがない。


昨日、バカ男シリーズの14をアップしたが、本当に思っていた通りの顛末でもう腹筋割れそうw

 

帰りの電車の中で記事をアップした後、帰宅したらすでに隣りのバカは居た。

 

今日は出かけてないのかよ(-"-)とムカつきながら晩御飯の用意をしていたのだが、隣からはまったく音がしない。

 

駐車場には車があるので間違いなく在宅しているはずであるが、ひょっとして居ないのか?

 

と初めは思っていたが、「バン」「ドン」という何かの扉を開閉するような音が聞こえてきたので、やっぱり居る。

 

居るはずなのに、上のような音がしたきり後はずっと無音のままだった。

 

思った通り、クレームが入ったんだろーな。

ほんとおバカだなぁ。

 

結局、その日は夜遅くに出かけて行って戻らなかった。

 

夜勤なのか、別の用事なのかはわからんが…

 

おかげですっかり静かになって夜はグッスリ眠れてしまったよ。

 

ひょっとして本当にこのブログ読んでくれてるのかも。

 

もう本人じゃなくて“ヤマグチさん”に読んで欲しいくらいだが、そこまで上手くはいくまい。

とりあえず出勤して“ヤマグチさん”にコッテリしぼられろ。

 

学習しないバカは職場で追い詰められてればいいんじゃないかな。

バカ男観察日記14

いや~、久々に連チャンで隣りのバカに眠りを妨げられたわ。

 

バカ13でも書いた通り、今週に入ってからバカがちゃんとその日のうちに帰ってくるローテーションになったらしく、夜になったら居る。

 

とは言っても、時間的には断然遅い。

夜10時、11時くらいに帰ってくる。

多分、出勤時間も遅いと思われる。

 

その為、なかなか寝ずにずーーーーーーーっと話し声が聞こえてるんだよね。

 

しかも、普通の話し声ならまだしも、地声が大きい上に笑い声がカン高く裏声、しかもしゃべってる位置がこちら寄りの壁側ときてはもう、周囲から「それくらいお互い様だから我慢しろ」という範疇を超えてると思うんだよ。

 

まぁ、そんなこんなで昨夜は「ウヒャヒャヒャヒャーーーー」という笑い声プラスドンドン足を踏み鳴らすという芸当までやってのけていたから、階下の住人からクレームが入る事は間違いないだろう。

 

バカ13の時は、私もその前から寝不足が続いていたおかげでうるさくてもすぐに寝入ったのだが、昨夜はなかなか寝付けずに困ったわ。

 

まぁおかげですっかり話の内容が筒抜けで、恥ずかしい事この上ないよ、バカ男よ。

 

どうやら電話の相手は彼女ではなかったらしく、職場の同僚か後輩か何かだと思われるが、やたらと仕事に関する自論を展開していた。

 

それが深夜の丑三つ時に大声でする会話なのか・・・

 

「ヤマグチさんはさー、ああいう人だからさー、こういう時にはこーしてあーし
て・・・」

 

「そういう時はこーであーで、そうやったらヤマグチさんもさー、納得してどーのこーの・・・」

 

「夜勤のときはさ~、あーでこーで、だからヤマグチさんもさ~・・・」

 

などなど。

 

どうやら“ヤマグチさん”なる難関な上司だか先輩だかがいるらしい。

 

もう、オメーの代わりに“ヤマグチさん”に届くように私が書いておいてやるよ。

 

ヤマグチさーん、コイツらあなたに難儀してるみたいですよ~。

おかげで私を始めとするアパート住人も難儀してるんで、明日出社したら「眠たい事ぬかすな」ってシメてやってください~。

とりあえず、世間の生活サイクルってやつを叩きこんでやってもらえませんかね?

 

まぁ、普段の動きを見ていてもわかるが、夜勤がローテーションで回ってくるような類の仕事をしているらしいな。

 

それに、電話の相手も相手だわ。

 

おそらく同じようなトーンで会話しているだろうから、そっちの方にも近隣からクレーム入ってるんじゃないのか?

 

住居形態にもよるとは思うけど。

 

いつもなら今日あたりから静かになるんだけど、どうかなぁ?

 

まぁ今日は私も昨夜の寝不足のせいで、うるさくてもグッスリ眠れると思うけど。

 

 

バカ男観察日記13

いやー、久々のバカ男シリーズ。

 

本人が読んでくれてるかもしれないからワザワザ書いておこう。

 

この1ヶ月ほど、ずっと隣のバカ男とは生活サイクルが逆で在宅時間が重なる事が無かったのだが、今日は久しぶりにうるさいわ〜。

 

夜10時頃に帰って来たと思ったらずーっとひたすら話し声が聞こえている。

 

また彼女と一緒に帰って来たのかと思っていたのだが、窓から駐車場を見てもバカ男の車しかない。

 

という事は、ずっと電話してんのかい〜( ̄◇ ̄;)

 

帰って来るなり、ずーっと「ウヒャヒャヒャー」「アヒャヒャヒャー」「ヒャハー」と甲高い声で笑いながらしゃべっている。

 

自分の音量が自分でわかってないのかもなぁ。

オマエはおばちゃんか(⌒-⌒; )

 

最近わかってきたのだが、どうやらバカ男くんはこちらの壁側にベッドを置いているようなのだ。 

 

ベッドに座るなり寝そべるなりしてしゃべっているので、こちらにやたら声が聞こえるのだと思われる。

 

だからイビキもまる聞こえだったのかとある時気付いて納得したわ。

 

あーうるせー(ー ー;)

 

と思いながら風呂に入って出て来てからも、ずーっと話し声は続いている。

 

途中、ドンドンと床を踏み鳴らしながら「エーッ!」だの「ワーッ!」だの「マジー!?」だのとデカい声で叫んでいる現在、夜中の0時50分。

 

アンタの電話代、毎月どれくらいかかってんのか知りたいくらいだわ。

 

寝てない時はずーっとしゃべりっぱなしだもんねー。

 

で、明日また反対隣りと下の住人からクレームが入って、しばらく静かになるワケね。

 

本当にいつまでたっても学習しないね〜。

 

なんかすっかり慣れてきたなぁ、このサイクル( ̄▽ ̄;)